お茶の水女子大学

お茶の水女子大学    附属図書館            English    問合せ

Ochanomizu University Web Library Institutional Repository >
B 紀要等 >
第二言語習得・教育の研究最前線 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10083/48954

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
02-KimJ-re051110-final.pdf400KbAdobe PDFView!

タイトル :Turn-taking研究の動向 : "turn"と"turn-taking"をめぐる議論を中心に(第4章 会話研究と日本語教育)
別言語のタイトル :An overview of turn-taking research: Some issues of "turn" and "turn-taking"(Part 4 Conversation research and Japanese language education)
著者 :金, 志宣
別言語の著者 :KIM, Jisun
発行日 :2002-5-24
抄録 :本稿ではturnとturn-taking研究の動向を探るに当り、まず会話分析を手法とするエスノメソドロジーの理論的な背景について述べる。turn-taking研究の基本概念となる"turn"をめぐる議論の論点をturnの日本語訳から探り出し、問題の所在を明らかにする。そこで浮き彫りになったturnの複合的な性質に対する捉え方を二つの観点―テクニカル・アプローチ、ノンテクニカル・アプローチ―で概観し、それを踏まえた上で、日本語を対象とした研究に補われるべき点への提言を試みる。次に、"turn-taking"の捉え方を三つの観点―確率モデル・アプローチ、シグナル・アプローチ、連鎖アプローチ―から批判的に概観する。さらに、turn-taking研究の草分けと称されるSacks, Schegloff & Jefferson (1974)を基にしながら精緻化を図った研究の中で、turn-takingシステムの基本概念となる、turn構成要素の完了及び移行関連場を予期するための指標となるリソースと、turn-takingとの関係を究明する研究を中心に、その成果をまとめる。そうすることによって、turn-takingメカニズムの解明に向けて残された課題についての示唆が得られる。
In this paper trends in research into "turn" and "turn-taking" sought, first describing the theoretical background of ethnomethodology, which uses conversation analysis as a method. Searching out from Japanese language translations controversial points which turn around "turn", the basic concept of "turn-taking" research, places where there are problems will be illuminated. There the method of seizing the carved in wood complex nature of "turn" will be outlined from two viewpoints, the technical and non-technical viewpoints, and by stepping over these, try to propose points where research aimed at Japanese should be supplemented. Next methods of identifying "turn-taking" will be critically examined from three viewpoints, the stochastic modelling approach, the signalling approach, and the sequential production approach. Finally, the results from central studies based upon and improving the research of the exalted pioneers of "turn-taking" research, Sacks, Schegloff, & Jefferson(1974) relating the basic concepts of the "turn-taking" system, the completion of turn-constructional units and resources for projection of transitional-relevant place, will be collected. By this means are given suggestions relating to the remaining topics concerning the revelation of the turn-taking system.
資料種別 :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/10083/48954
NII書誌ID :AA11968046
公開者・出版者 :日本言語文化学研究会
掲載雑誌 :言語文化と日本語教育. 増刊特集号, 第二言語習得・教育の研究最前線 Vol.2002 p.205 -221
出現コレクション:第二言語習得・教育の研究最前線